• 正式名称は「パープルハロウィンフラペチーノ」って言うんだって。tallsizeのみ展開。一杯690円也。
    わたくし、無類のカフェ・喫茶店好き。これと言った趣味がないので、小遣いを外で使う機会もない。結果、小遣いの多くはカフェ・喫茶店の「場所代」に費やされている。つい先日の話。スタバでの出来事。隣の席に今時めずらしい純朴系のJKが席を取った。彼女たちが手に持っていた飲み物の色が「紫」だった事にびっくり(2回目)。どうやらスタバの新作のようだ。ハロウィーン向けのカラーリングを施されたその「なんちゃらフラペチ...
  • 認めたかないけど、バックスは頭一つ抜けてるな。
    1試合ごとに、一喜一憂しててはしょうがない。だけど。勝てた試合を落としてしまったのは勿体無い。わが、ボストン・セルティックスは今日クリーブランド・キャバリアーズ(キャブス)と対戦。前半は72ー60で終える。12点差をつけてハーフタイム。ホームコートだし、この点差があれば余程のことがなければボストン勝利。だが、後半、どうも上手くいかない。JBはトラベリングを連発、スマートのスリーの確率も低すぎた。今年のキャ...
  • Amazing,Stronger,POWER…とかめちゃくちゃ好きなんだよね。
    ファナティックなファンじゃないけど、好きな曲って結構たくさんある。例えば、日本の歌謡曲。「北酒場」、「まつり」、「川の流れのように」、「雨の慕情」などなど。改めて言うまでもない、昭和歌謡の巨人たちによる珠玉の名曲の数々。洋楽でもそう。ここ最近、ネガティブな話題が多いカニエウェスト(ye)の楽曲も有名どころはよく聴いている。WLMの件や、反ユダヤ的な発言などにより超有名ブランドとの契約は解除。一方、保守...
  • 肘から先の伸び方がすごかったよね。
    王者の様子がどうにもおかしい。絶対的強者に僅かな綻びを見つけては盛り上がるのは、どの世界でも同じ。されど、昨シーズンのNBAチャンピオンのゴールデンステート・ウォリアーズ(GSW)にいつもの圧倒的な強者感が感ぜられないのも事実。ご承知の通り、GSWは開幕前に大きなトラブルがあった。人を殴り慣れているシャープでコンパクトなドレイモンドグリーンの右ストレートの映像はショッキングだったし、「こりゃ初めてじゃねー...
  • 秋の珍事。
    開幕3連勝。正直、出来過ぎで怖い。テイタム様、序盤からそんなに飛ばさないで!!と思ってしまう。開幕10戦は、6勝4敗くらいのゆったりとしたスタートをきることができればいいなぁと思っていたが、ボストンは序盤からビビるほどに強度の高い試合をこなしている。わがボストン・セルティックス、開幕前にゴタゴタがあったことなど微塵も感ぜられない。ただ、リム周りのディフェンスに若干の不安がある。RW3がどんな状態で戻ってこ...
  • でっかいことは…
    リアクションがでかい。挨拶の声だけでかい。笑い声がでかい。声がでかい。でかいの前に「無駄に」と付ける→とってもしっくり来る。私、無類のカフェ・喫茶店好き。店によって客の声のボリュームが違うんだよね。ドトールやベローチェにいる客の声のボリュームは10(最大15)、スタバにいる客の声のボリュームは7。完全に感覚的。騒音レベルを計測しているわけじゃない。手を叩いて笑いながら話してる人を見ると、昔、おもちゃ売り...
  • 小さくても、すごいものはすごいって分かるんだね。
    つい先日、BSプレミアムで希代のピアニスト、スタニスラフ・ブーニンのドキュメンタリー番組が放送された。素晴らしい内容だった。2013年以降、体調不良や怪我などにより表舞台から姿を消したブーニン氏。詳細は放送を見ていただくとして、ピアニストが左手と左足に問題を抱える事がいかに苦しいことか、想像することすら難しい「痛み」なのだろう。小学生の頃、あのブーニンが仙台市で演奏会をするという事に母親は大興奮。当時、...
  • 勝って兜の緒を締めよ。まだ2戦目だけど。
    ファンはせっかち。我がボストン・セルティックス(セルツ)は開幕2連勝を飾った。開幕2連勝は13年ぶり。ボストンは良くも悪くも大崩れはしないチーム。俺がボストンファンになったのは2008年なので、15年程度のにわかファンだが、その間でもボストンがボロボロのシーズンを送ることはなかった。ボストンはNBAを代表するチームだ。今年7月に亡くなったNBAのレジェンド、ビルラッセルと共にボストンは8連覇を成し遂げたのが約60年前...

プロフィール

fffffudohsun

不動産屋のブログなので、不動産のことはほとんど書きません。